サラリーマンの旅スタイル

東京の会社員が限られた時間で旅行に行くノウハウを紹介!2021年3月サイトリニューアル!※当サイトではアフィリエイト、アドセンス広告を使用しています。

タヒチ 旬の話題 海外旅行 航空会社情報

コロナ禍によるエアタヒチヌイのマイル有効期限延長について

投稿日:2021年3月30日 更新日:

2021年3月9日、エアタヒチヌイから「Club Tiare Award miles expiration posponed」というメールが来ました。

これは、「クラブティアレ特典マイル有効期限延期」という意味ですが(ちなみに、英語のメール件名にはスペルミスがありますが上記はそのままコピペしました)、結局あまり延長されないという内容だったので、エアタヒチヌイに問い合わせて結果をまとめてみました。

エアタヒチヌイのマイルの有効期限延長とは?

2021年3月現在、コロナウイルスの世界的感染拡大のため、海外旅行に行くことはほぼ不可能なのは周知の事実です。

エアタヒチヌイでは、このことを受けて2020年と2021年に有効期限を迎えるマイルを2022年1月まで延長することを決定したそうです。そして、届いたメールが以下のものです。メールには私の名前と会員番号も明記してありました。

日本語での配信希望者には日本語で配信されているらしく、以下の内容だったらしいです。

2020年(*) および2021年に失効するマイルにつきましては、特別にマイルの有効期限を2022年1月1日まで延長させていただくこととなりました。

2020年および2021年にご旅行いただき獲得されたマイルに関しましては、クラブティアレの規定通り、最後にフライトをご利用いただいた日付より24か月間有効となります。

(*) 2020年4月1日以降に失効するマイルが対象

もう何年もコツコツとエアタヒチヌイのマイルを貯めている私としては、件名を見て一瞬だけ「やった!」と思いましたが、実は今回の延長措置で恩恵を受ける人はあまりいないことが分かります。

というのも、2020年4月1日以降に有効期限を迎えるマイルが一律2022年の1月1日まで最大9ヶ月延期されるだけなので、この期間中にマイルが有効期限切れになる人は全員2022年1月1日までにタヒチに行かないといけないということなんですね。

ワクチンも一般人の接種の見通しが立っておらず、いまだに帰国後二週間の隔離がある現在、誰がのんきにタヒチに旅行なんかできるというのでしょうか😅😅😅

しかも、2021年12月31日に有効期限を迎えるマイルについては2022年1月1日までの延長になるので、たった1日しか延長されないということのようです・・・。

最初、てっきり2021年中に有効期限が切れるマイルは2022年いっぱいまで延長になると空目してしまったので、大いにがっかりしました。私のマイルはちょうど2021年の12月末で切れるので、数日間しか延長されないということになるんですが、それは・・・。

これだと私のマイルは使えないまま期限切れになってしまうので、今回の措置の詳細をエアタヒチヌイに聞いてみました。

エアタヒチヌイの回答

エアタヒチヌイは、本社に聞くよりも日本支社に聞いた方が丁寧で正確な回答が来るので、いつも問合せは日本にしています。あと、フランスの会社なので(タヒチはフランス領)本社だと英語も通じにくい時がまあまああるので。

今回も、日本支社に問い合わせたところとても丁寧な回答をいただきました。いただいた回答をまとめると、以下の通りです。

結論:現時点では2022年1月1日より先にマイルを延長することはできない

まず、2021年3月29日時点で成田〜パペーテ便は2021年10月31日までは欠航が決まっています。2021年11月以降は予定が決まっておらず、現時点では航空券の発売もしていないそうですが(検索結果には11月以降の便が出てしまいますが予約はできません)、現時点では案内があった期間以上のマイルの有効期限延長はできないそうです

つまり、現時点では2022年1月1日以上の延長はできないということだそうです(最初、メールの内容が間違っているのではないかと思いましたが合っていたようです)。

ただ、今後11月以降の便も欠航することが決まった場合、マイル延長の特別措置も拡大する可能性がなくはないとのことです。現時点では2022年1月以降の延長については何も言えないものの、今後欠航が長引けば対応を考える可能性はあるということですね。恐らく、今から余分にマイルを延長しておいて、後になってそこまで延長する必要がなかった(みんな普通にタヒチ旅行に行けるようになった)ら、エアタヒチヌイは必要以上に無料で飛行機に乗らせることになり損してしまうからだと予想しています。

11月以降の便の運行がいつ決まるかについてですが、2021年3月27日以降の欠航が3月19日に発表されていることを考えると、11月以降の運行予定は10月後半ごろに発表されるのではないかと予想しています(あくまで私の予想です)。

2022年1月より伸びなかった場合貯めたマイルはどうすればいいのか

では、仮にマイルの有効期限が2022年1月よりも延長されなかった場合、貯まったマイルはどうすればいいのでしょうか?これもエアタヒチヌイに聞きつつ、私の方でも考えてみました。

貯まったマイルを特典航空券に交換すれば、特典航空券は交換から12ヶ月は有効になる

一番有効な方法は、今貯まっているマイルを特典航空券に変えてしまうというものです。公式サイトのこちらのページに書かれている通り、マイルから交換した特典航空券の有効期限は12ヶ月となります。このため、自分のマイルの有効期限(今回延長された人は2022年1月1日)ギリギリまで待ってから特典航空券に交換すれば、2022年12月31日までは有効な特典航空券が手に入るということですね。これなら通常運行に戻ってから旅行に行く時に使えるかもしれません。

なお、特典航空券にするほどマイルが貯まっていなくても、マイルを購入して不足分を補うことができます。

更に、特典航空券に交換した後は、残ったマイルの有効期限もマイルを引き落とした日から24ヶ月延長されるそうです。これなら交換した方が得かもしれませんね。

マイルを他の人に譲渡する

エアタヒチヌイのマイルは、他のクラブティアレ会員に譲渡することができます。どうしても有効期限内にマイルを貯めたり使ったりできない場合、他の人に譲渡するという方法もあるでしょう(このコロナ禍で有効期限ギリギリのマイルをほしがる人がどのくらいいるのかは分かりませんが)。

コロナ禍でもアメリカからの便は運行を再開したという情報もあるので、Facebookのグループなどでマイルがほしい外国人がいないか探すのも手ではないかと思います。

ただし、この方法は私が考えたものなので、うまくいくかどうかは保証しかねます。自己責任でお願いします。

エアタヒチヌイのマイル譲渡については公式サイトのこちらのページに詳細がございます。

(参考)コロナでフライトが欠航になった場合、日付の変更はできるがキャンセルすると通常のキャンセル規則が適用される

ちなみに、コロナでフライトが欠航になった場合、チケット代を返してくれる航空会社もありますが、エアタヒチヌイの場合以下の対応になるとのことです。

  • 日程変更:無料(ただし2022年9月30日までに搭乗すること)
  • キャンセル:通常の運賃規則が適用

コロナで欠航になったからといって日程を変更するのではなくキャンセルする場合は、通常のキャンセル料金がかかってしまうということですね。ここは注意が必要です。詳細は公式サイトをご覧ください。

今後の予想

さて、先行きの見えないコロナですが、エアタヒチヌイの運行は今後どうなるのでしょうか。あくまで私の個人的な予想(というか期待)でありこの通りになる保証は全くありませんが、私は2021年の11月以降のフライトも欠航になるのではないかと思います。

少なくとも、日本のワクチン接種状況を考えると、タヒチも日本からの観光客を入れたくないでしょうし、この状況が11月になったからと言ってそんなにすぐに変わるようにも思えません。

更に、日本だけでなくフランスもワクチン摂取率は非常に低く、2021年3月23日時点で人口約6700万人に対して約662万人しか接種できていないようです。割合にするとたった9.9%です(こちらの統計参照)。タヒチはフランス本土ではないので本土とは摂取率も違うのかもしれませんが、どちらにせよ2022年1月までに旅行者が行き来できるほどの摂取率になるのかは非常に疑問です。

さすがに2022年1月までにタヒチ旅行を強行することは不可能に近いので、マイルの有効期限が切れるくらいなら欠航になってほしいものですね。

今からタヒチに行ってマイルを貯める人は絶対にJALで貯めた方が安全

さて、長々とエアタヒチヌイのマイルについて話しましたが、日本在住の人がこれからタヒチに行ってマイルを貯める場合、エアタヒチヌイではなくJAL便としてタヒチ行きの航空券を予約してJALマイルを貯める方が絶対に安全です。

どういうことかと言うと、エアタヒチヌイとJALは2015年からコードシェア便を運行していて、コードシェア便をJAL側で予約した場合はエアタヒチヌイではなくJALのマイルが貯まるのです。

私はエアタヒチヌイがJALとコードシェア便を運行し始める前にエアタヒチヌイでマイルを貯め始めてしまったので、そのままエアタヒチヌイのマイルを貯め続けざるを得ませんでしたが、日本在住の人が今からマイルを貯めるならもうJAL一択という気がします(もちろんエアタヒチヌイで貯めてもらうのも自由ですが・・・)。

JALマイルなら有効期限が3年あって国内でも海外でも幅広く使えますし、ショッピングで使うことも他のポイントに交換することもできるので、いざ貯まったマイルを使えないまま有効期限が切れるというリスクはかなり低いと思います。一方、エアタヒチヌイのマイルはタヒチ行きの飛行機でしか使えないので(恐らく)、今回のようにタヒチに行く手段自体が断たれてしまった場合、せっかくコツコツ貯めたマイルを捨てることになりかねないのです・・・。もちろん、マイルの有効期間内にもう一度エアタヒチヌイのフライトを利用したりマイルを特典航空券に交換すれば有効期限は延長されるのですが、どちらにせよハードルは高いと思います。

私はちょうど前回の旅行で往復分のマイルが貯まったので、これを使うか期限切れになるかした後は、もう絶対JALで貯めようと思います。タヒチは大好きすぎるけど、エアタヒチヌイのサービスはちょっと使いづらいかな・・・というのが正直なところです。以前、エアタヒチヌイ便遅延のせいでホテル代10万円をドブに捨てたこともありますし。

-タヒチ, 旬の話題, 海外旅行, 航空会社情報

関連記事

アメリカのホテルのコーヒーメーカーでインスタントスープを作ってみた

出張で海外に行った時、仕事が遅くなって何も食べるものがなくなると辛いですよね。あと、フライトが夜中着の場合とか。   そんな時は日本からインスタント製品を持って行くといいです。アメリカだとた …

【タヒチ】ボラボラ島プライベートBBQ&シュノーケリングツアー体験記♪

タヒチのボラボラではいろんなアクテビティがあって正直甲乙付けがたいのですが、ハネムーナーにおすすめなのはプライベートシュノーケリング&バーベキューツアー!! 自分たちカップルだけで丸一日ボート …

【保存版】シュノーケル中に溺れそうになった時の対処法

ゴールデンウィークくらいからシュノーケリングをする人はだんだん多くなりますが、毎年その分事故も発生しています。今回は、この時期になると必ず起こるシュノーケル中の水難事故を防ぐため、よくある事故の原因と …

海外の空港での一期一会エピソード

空港って、保安検査場に入国管理局と、けっこうたくさんの人と話す機会がありますよね。だいたいは普通に用件を済ませて終わりですが、たまにちょっとしたきっかけで話に花が咲くことがあります。   今 …

タヒチ土産の「モノイオイル」とは?日本で買うことも可能

タヒチで買ったいろいろなお土産 ©サラリーマンの旅スタイル 南国タヒチは世界中の人の憧れの島ですが、お土産も素敵なものがたくさんあります。中でも、「モノイオイル」と呼ばれるティアレの花やバニラを漬け込 …