サラリーマンの旅スタイル

東京の会社員が限られた時間で旅行に行くノウハウを紹介!2021年3月サイトリニューアル!※当サイトではアフィリエイト、アドセンス広告を使用しています。

コロナ禍観光情報 国内旅行 関東

【3連休おすすめ】神奈川県三浦半島一周おすすめスポット&ルート

投稿日:2021年5月7日 更新日:

コロナ禍で行ける場所は限られていますが、東京から日帰りでも行けて密になるリスクも少ない場所のひとつに神奈川県の三浦半島があります。三浦半島は関東としては驚くほど海がきれいですし、何と言ってもマグロがおいしいので、土日や三連休にはもってこいの場所です。

三浦半島は観光地としてはさほど華やかさはないですが、海沿いを走ると最高に気持ちがいいので、車での旅行はもちろんのこと、バイクや自転車で一周するのはとてもおすすめです。

今回は、私が過去に自転車で三浦半島を一周した時の写真を交えて、三浦半島のおすすめスポットやおすすめルートをご紹介します。

当サイトではコロナ禍での旅行は積極的には推奨しておりませんので、行く場合はあくまで自己責任でお願いします。また、運営者が最後に三浦半島に行ったのは2016年であり、当記事に掲載している写真はそれ以前のものとなります。当記事閲覧の前に必ずサイト利用上の注意事項をご覧ください。

三浦半島とは?

三浦半島は東京湾と相模湾の間にある神奈川県の半島で、電車だと京急線で行くことができます。周囲を海に囲まれているので漁業が盛んで、三浦半島にある三崎港のマグロはとてもおいしいことで有名です。陸地には畑が広がっており、大根の名産地だそうです。

海沿いで風を浴びるのは最高に気持ちがいいですし、陸地にもずっと牧歌的な風景が広がっているので、連休などで都会から行くと癒されますよ。

三浦半島へのアクセスは、電車の場合新宿から三崎口までで約1時間半、車の場合も同じく約1時間半です。東京から日帰りでも無理なく行けますね。

三浦半島おすすめ観光スポット&ルート

三浦半島は、横浜から入って海岸沿いを西に向かって一周して鎌倉に抜けるのがおすすめルートです。鎌倉から入って横浜に抜ける逆のルートでもいいですが、だんだん都会に向かうことになって残念な気持ちになるので、私は最後に湘南の気持ちいい風を浴びてゴールする方が好きです。

私が自転車で三浦半島を一周した時の写真を交えて、おすすめの観光スポットとおすすめのルートをご紹介します。

横須賀〜三浦海岸

私の場合、まずは都内から横須賀まで電車で行って、そこから三浦半島一周旅行を開始します。

横須賀からは、馬堀海岸を通って南下します。道路脇にはソテツの木がたくさん植えられていて南国気分満点!晴れると最高に気持ちがいいですよ。

提供:写真AC

馬堀海岸を過ぎた後は、時間がある人は細めの道をずっと海岸沿いに進むこともできますが、遠回りになってしまいますし少し複雑なので、三春町で右折して国道134号線に入るのがおすすめです。

国道134号線はしばらくは内陸を通りますが、野比橋を越えると海沿いに出て眺めがよくなります。

提供:写真AC

2〜3月に行く場合は、河津桜が見頃なので是非見てみてください。三浦海岸駅周辺だと市場もやっていて楽しいです。

2016年にCanon EOS 6Dで撮影 ©サラリーマンの旅スタイル

市場については、コロナ禍の現在の開催状況はわかりませんので各自お問い合わせください。

城ヶ島

2015年にiPhone 6で撮影 ©サラリーマンの旅スタイル

三浦海岸を過ぎたら、三浦半島最南端の城ヶ島にも足を伸ばしてみてください。城ヶ島に行く途中の橋はとても見晴らしがいいですし、城ヶ島にある城ヶ島公園は高台になっているので周囲を一望できます。公園には猫がたくさんいて癒されますし、島の中では新鮮なしらす丼のお店もたくさんありますよ。

また、城ヶ島では海水浴をすることもできます。

↓これは冬(2月)に撮影した写真ですが、城ヶ島は海もとてもきれいで、とても関東とは思えないほどの透明度なので、一度泳いでみてはいかがでしょうか?

2016年にCanon EOS 6Dで撮影 ©サラリーマンの旅スタイル

城ヶ島は全体的に岩場でできていますし、場所によっては崖になっていて危ないので、段差の少ない穏やかな場所で泳ぐようにしていただければと思います。

三崎港

2015年にCanon EOS 6Dで撮影 ©サラリーマンの旅スタイル

城ヶ島のすぐ近くには、三崎港という漁港があります。ここでは後述の朝市をやっている他、いろんな魚屋さんが周りにあっていつも活気に満ちています。

活気があるとは言ってもコロナ禍の前からさほど人でごった返しているわけではなかったので、現在もあまり密になる心配はないのではないかと思います。

2015年にCanon EOS 6Dで撮影 ©サラリーマンの旅スタイル

漁港では、あちこちでマグロの頭やイカなどを干している光景を目にすることができます。

2015年にCanon EOS 6Dで撮影 ©サラリーマンの旅スタイル

2015年にCanon EOS 6Dで撮影 ©サラリーマンの旅スタイル

魚が苦手な人でも、見るだけでも楽しいですよ。もちろん、魚が好きな人はいろんな海鮮料理を食べられるので是非立ち寄ってみてください。おいしいマグロが食べられるお店があちこちにあるので、食べ比べてみるのもおすすめです。

↓これは漁港に並ぶお店の一つで食べたマグロしらす丼。とてもおいしかったです!!

2016年にCanon EOS 6Dで撮影 ©サラリーマンの旅スタイル

三崎港はマグロで有名なだけあり、他の場所では食べられない珍しいマグロ料理がたくさんあります。マグロの全部位を使ったコースやマグロのたたきなど、見たこともないものがたくさんあるので、是非いろいろ探してみてください。

三崎朝市(2021年4月時点営業中)

2015年にiPhone 6で撮影

三浦港では、毎週日曜日に朝市を開催しています。この朝市の営業時間は朝5:00〜8:30となり、かなり早い時間に終わってしまうので、土曜日に三崎周辺で宿泊して朝一番で行くことをおすすめします。

なお、今回記事を書くために最新情報を調べたところ、朝市はコロナ禍の2021年4月時点では感染対策をして営業していたようです。緊急事態宣言が発令した5月現在については情報がないので、もし行きたい場合は事前に問い合わせることをおすすめします(三崎朝市協同組合のサイトはこちら)。

朝市は早朝から賑わっていて、いろんなお土産もあるので観光客も楽しむことができます。もちろん、土地の名産品もあります。

2015年にiPhone 6で撮影

私が驚いたのはマグロまんでした。↓こちらです。

2015年にiPhone 6で撮影 ©サラリーマンの旅スタイル

その名の通りマグロが入った肉まんですが、そんなに魚介特有の香りが強いわけではなく、クセのない味わいでした。とても食べやすくておいしかったです。通常の豚まんよりさっぱりとしていますよ。言われないとマグロだとは気付かないかもしれませんが、一度食べてみるといいと思います。

三崎〜鎌倉

2015年にCanon EOS 6Dで撮影 ©サラリーマンの旅スタイル

三崎港をひととおり楽しんだら、再び国道134号線に乗って湘南を目指します。134号線はしばらくは内陸を通りますが、内陸を走っている間も左右に広がる畑を見ながら走ると気持ちがいいと思います。

自転車の場合、体力がない人は途中の三崎口駅で自転車を解体してそのまま電車に乗ってしまうこともできます。

車・バイクの人や体力がある人は、そのまま鎌倉まで行ってゴールするのがおすすめ。134号線は途中から海岸沿いになるので、風を浴びながら走ると最高に気持ちがいいですよ。途中の道では上の写真のような景色を見ることができます。

車道はいつも混んでいるので車だとあまり爽快に走ることはできないかもしれませんが、自転車であれば車道の脇をそこそこの速さで進むことができると思います(歩行者がいる時は歩道は通らないことと安全運転が鉄則)。

鎌倉に着いたら、ハンバーガーで腹ごしらえをすることもできます。鎌倉や湘南にはハンバーガー屋さんがたくさんあるので、海沿いのお気に入りのお店を見つけてみてください。

2015年にCanon EOS 6Dで撮影 ©サラリーマンの旅スタイル

自転車で写真を撮ったりご飯を食べたりしながらゆっくり回れば、湘南に着く頃には夕方になっていると思います。

2015年にCanon EOS 6Dで撮影 ©サラリーマンの旅スタイル

とても充実した休日を過ごすことができました。自転車の旅はここで終了、自転車を解体して片瀬江ノ島駅から電車に乗車します。

東京発三浦半島モデルコース

三浦半島は車なら日帰りでも十分回ることができますが、朝市に寄ったり自転車で回りたい人は泊まりがけで行くことをおすすめします。ここでは、東京から日帰り、1泊、2泊の3パターンで行った場合のモデルコースをご紹介します。

日帰りの場合

日帰りの場合朝市に行くことは難しいですが、車やバイクなら城ヶ島や三崎港を見たり、鎌倉でカフェをするくらいの時間は十分取ることができます。自転車の場合、平均時速30km以上は出るロードバイクがあった方がいいです。クロスバイクやミニベロでも1日で一周することはできますが、日帰りだとあまり観光の時間がなくなるのではないかと思います。

  • 8:00am:東京出発
  • 9:30am:横須賀到着、海岸沿いをドライブ(途中写真撮影などの休憩あり)
  • 10:30am:城ヶ島到着、城ヶ島観光
  • 12:30pm:三崎港到着、昼食
  • 14:00pm:三崎港出発、西側の海岸をドライブ
  • 15:30pm:鎌倉到着、鎌倉でカフェ
  • 16:30pm:鎌倉出発
  • 18:00pm:東京到着

1泊の場合

土日などを使って三浦半島周辺で1泊する場合、以下のコースがおすすめです。

1日目〜三崎港・城ヶ島観光

  • 9:00am:東京出発
  • 10:30am:横須賀到着、海岸沿いをドライブ(途中写真撮影などの休憩あり)
  • 12:00pm:三崎港到着、昼食
  • 13:30pm:城ヶ島到着、城ヶ島観光
  • 15:30pm:宿にチェックイン
  • 16:00pm:三崎港周辺観光
  • 18:00pm:夕食

2日目〜鎌倉・江ノ島観光

  • 7:00am:朝市観光
  • 8:30am:三崎出発
  • 10:00am:鎌倉到着、鎌倉周辺観光
  • 12:00pm:鎌倉で昼食
  • 13:30pm:鎌倉から江ノ島へ
  • 14:00pm:江ノ島到着、江ノ島観光
  • 16:30pm:江ノ島出発
  • 18:00pm:東京到着

三連休(2泊)の場合

3連休で行くことができる場合、観光に加えてカヤックなどのアクティビティ(オプショナルツアー)をやってみてはいかがでしょうか?この後で詳細をご紹介しますが、三浦半島ではカヤックやSUPなど楽しいオプショナルツアーもいっぱいあります。

3連休の場合、以下のようなプランが考えられます。三崎港に宿泊し、1日目は三崎港や城ヶ島を観光、2日目はがっつりアクティビティを満喫、3日目に鎌倉や江ノ島を観光するというコースです。

1日目〜三崎港・城ヶ島観光

  • 9:00am:東京出発
  • 10:30am:横須賀到着、海岸沿いをドライブ(途中写真撮影などの休憩あり)
  • 12:00pm:三崎港到着、昼食
  • 13:30pm:城ヶ島到着、城ヶ島観光
  • 15:30pm:宿にチェックイン
  • 16:00pm:三崎港周辺観光
  • 18:00pm:夕食

2日目〜オプショナルツアー満喫

  • 7:00am:宿出発
  • 8:00am:オプショナルツアーの集合場所に到着
  • 9:00am:オプショナルツアーを満喫
  • 16:00pm:オプショナルツアー終了、宿に向けて出発
  • 17:00pm:宿に到着
  • 18:00pm:夕食

3日目〜鎌倉・江ノ島観光

  • 7:00am:朝市観光
  • 8:30am:三崎出発
  • 10:00am:鎌倉到着、鎌倉周辺観光
  • 12:00pm:鎌倉で昼食
  • 13:30pm:鎌倉から江ノ島へ
  • 14:00pm:江ノ島到着、江ノ島観光
  • 16:30pm:江ノ島出発
  • 18:00pm:東京到着

かなり詰め込んだプランなので、ご自身のペースや体力に合わせてプランニングしていただければと思います!

三浦半島おすすめオプショナルツアー

三浦半島は、マグロや観光以外にも楽しい遊びがいっぱいあります。海の遊びを中心にいろんなオプショナルツアーがあるので、時間がある人は是非チャレンジしてみてください。東京から簡単に行ける場所でこんなにたくさんの海のアクティビティがあるのはこの辺だけなのではないかと思います。

SUP

提供:アソビュー

SUPとは、サーフボードのような大きな板の上に立ってパドルで漕いで進む遊びで、三浦半島だと逗子の海などで楽しむことができます。バランス感覚が悪い人は水に落ちてしまったりもしますが、それもまた楽しみの一つです。

このショップのSUPツアーは1日プラン、半日プランなど幅広い選択肢があり、休暇を過ごすにはぴったりです。SUPは最初は難しいと感じるかもしれませんが、慣れればすぐにうまく漕げるようになりますよ。逗子の風を肌で感じながら海に漕ぎ出してみましょう。晴れた日のSUPは最高です!

  • 価格:11000円〜
  • 集合場所:ショップ(〒249-0007神奈川県逗子市新宿1-5-4)
  • 所要時間:6時間30分〜
  • 持ち物:飲み物、日焼け止め、ビーチサンダル、水着、タオル、マリンシューズ
  • レンタル品込み
  • 写真プレゼント付き

>>逗子SUPツアーの詳細を見る(アソビュー)

カヤック

提供:アソビュー

葉山の海はカヤックも人気!きれいな海で家族みんなでカヤックを漕いでみませんか?このツアーは家族向けのもので、葉山の海辺を出発して800メートル先にある無人島を目指します。800メートルと聞くとけっこうな距離のように感じますが、大丈夫です。カヤックは慣れれば力を使わなくてもスイスイ進むので、800メートルなんてすぐですよ。

プロがしっかりガイドしてくれるので、お子様でも安心です。夏はカヤックで遊んでみましょう!

  • 価格:6900円〜
  • 集合場所:ショップ(〒240-0112神奈川県三浦郡葉山町堀内909)
  • 所要時間:2時間30分〜
  • 持ち物:飲み物、マリンシューズ、帽子、水着、ラッシュガード
  • レンタル品込み

>>葉山カヤックツアーの詳細を見る(アソビュー)

サイクリング

提供:アソビュー

当記事は私が自転車で三浦半島を一周した時のことをベースに書いていますが、自転車は自分の物を持っていかなくてもレンタルすることができます。ここでご紹介するのはサイクリングのツアーではなくレンタルバイクで専門のショップで、変速ギア付きのクロスバイクを1500円から貸してくれます。

自分で自転車を持っていくのはかなり大変なので(経験済み)、車や電車で気軽に三浦半島まで行き、レンタルサイクルでさっそうと海岸沿いを走ってみませんか?三浦半島でのサイクリングは本当に最高です。

  • 価格:1500円〜
  • 集合場所:ショップ(〒238-0101神奈川県三浦市南下浦町上宮田3316-4)
  • 所要時間:3時間〜
  • 持ち物:動きやすい服装

>>三浦海岸サイクリングの詳細を見る(アソビュー)

三浦半島おすすめの宿

2015年にiPhone 6で撮影 ©サラリーマンの旅スタイル

三浦半島には多くの民宿や旅館がありますが、せっかくなら海沿いで宿泊するのがおすすめです。

以前は三崎港に立花というマグロのコース料理が食べられるとてもいい旅館があったのですが、今は飲食のみになってしまって宿泊は受け付けていないので、城ヶ島に泊まるのがおすすめです。

城ヶ島では長津呂荘(ながつろそう)という民宿をおすすめしたかったのですが、こちらもコロナ禍の現在は残念ながら営業していないようなので、別のホテルや民宿を探してみてください。他にもいいところはたくさんあります!

海辺だと、上記のような景色のいい場所で泊まることができますよ。

>>じゃらんで三浦半島の宿を探す

>>楽天で三浦半島の宿を探す

コロナ禍観光情報

-コロナ禍観光情報, 国内旅行, 関東

関連記事

富士五湖自転車旅行1

皆さんは富士五湖には行ったことはあるでしょうか? 私は普段河口湖にはただの観光で行くことは多いのですが、少し前の冬に富士五湖(山中湖以外)を一泊二日で一周してきました。 真冬だったので凍った湖の上を歩 …

【2021年5月最新】東京都秋川バーベキューランドは今どうなってる?

東京にお住まいの方は、奥多摩にある秋川バーベキューランドに行ったことがある人も多いと思いますが、コロナで緊急事態宣言発令中の今はどうなっているのでしょうか? 結論から書くと、秋川バーベキューランドは2 …

【3連休おすすめ】山梨・石和「ホテル甲子園」の露天風呂付き客室

かつて、バブルの時代には非常に栄えたという山梨県笛吹市の石和温泉という場所をご存知でしょうか?今でこそ当時のにぎやかさはなくなってしまったらしいですが、ワイナリーあり、自然ありの静かな温泉街です。 近 …

クリスマスは富士クラシックホテルで豪華デート^^

そろそろ11月も後半に差し掛かり、クリスマスムードも本格的になってきましたね。 皆さんはもうクリスマスのご予定は決っているでしょうか?私は毎年絶対決まったところに行っています! 富士クラシックのクリス …

富士五湖自転車旅行2

さて、自転車富士五湖一周の旅2日目。この日は精進湖から本栖湖に向かい、時計回りに一周。また精進湖に戻り、今度は北側から西湖と河口湖を走りました。 精進湖が凍ってて上を歩ける… 朝宿を出発し、まずは精進 …