サラリーマンの旅スタイル

東京の会社員が限られた時間で旅行に行くノウハウを紹介!2021年3月サイトリニューアル!※当サイトではアフィリエイト、アドセンス広告を使用しています。

タヒチ

【タヒチ】ボラボラ島プライベートBBQ&シュノーケリングツアー体験記♪

投稿日:2019年7月16日 更新日:

タヒチのボラボラではいろんなアクテビティがあって正直甲乙付けがたいのですが、ハネムーナーにおすすめなのはプライベートシュノーケリング&バーベキューツアー!!

自分たちカップルだけで丸一日ボートとロマンチックな小島を独り占めしてシュノーケリングとバーベキューができるという贅沢すぎるプランです。

もちろん私も行ったので写真付きでレビューしてみました。

まずはツアーの概要を見てみましょう。

 

ツアー概要

ツアー名 ボラボラ島 シュノーケリング&モツ島BBQ カップル専用プラン
内容 サメとエイの餌付け

シュノーケリング

プライベートな小島でバーベキュー

所要時間 送迎含め約6時間
ツアー代金 1人21444 XPF(2019年7月時点で約21665円)
スケジュール 朝9:00 ホテルの集合場所に集合

午前中 2箇所でシュノーケリング

12:00前後 無人島でBBQランチ

午後 おまけのスノーケリングポイント(その時次第?)

午後3:00 ホテルまで送迎

含まれるもの 昼食、ソフトドリンク、アルコール、シュノーケリンググッズ(シュノーケルレンタルについては念の為要確認)
必要なもの 水着(あらかじめ着用)
あると便利なもの タオル、サングラス、日焼け止め、防水カメラ、防水バッグ、スマホ用防水ポーチ

 

プライベートで丸1日ボートを独占できる贅沢なツアーが2万円ちょっとなのは、正直格安だと思います・・・。

なお、ベルトラの予約ページにはアルコールのことは書いてありませんが、ちゃんと出ます。少なくとも私の時は出ましたし、公式の写真を見てもみんなそれっぽいものを飲んでいます(ただし責任は持てないので、本当に出るかどうかはご確認ください)。

ただし、午後も少しシュノーケリングするので(日によってはしないかもしれたせん)お酒に弱い方はご注意くださいね!

カップル以外の方は、他の観光客も一緒に参加する一般プランもあります。

次は、一日の流れを細かく見てみましょう!書きながら思い出しただけでまた行きたくなってきました。

 

ツアーの流れ

朝9:00、ホテルまでボートでお迎え

プライベートツアーは、朝の9時にボートでホテルまで迎えにきてくれます。

ボートで?!と思った方、無理もありません。

タヒチの島々は至る所が海に囲まれていて、海関連の仕事をしている人の主な交通手段はボートなんです。

ボラボラ島をマップで見るとこんな感じ。中心がメインの島で、それを囲む小島(タヒチ語で「モツ」)でできています。間にあるラグーンが信じられないほど鮮やかなブルーですね。

 

これらの島の間は当然車では移動できないので、一口に「ボラボラ島」といっても島の間はボートで移動するのです。

ホテルも小島に建っていることが多いので、ツアーの送迎も船というわけですね。もしかするとホテルの建っている場所によってはボートまで車で移動ということもあるかもしれませんが、海沿いのリゾートホテルであれば送迎はボートだと思っていいでしょう。

集合場所は前日にホテルの人から教えてもらえるはずなので、当日はその場所でボートのお迎えを待ちましょう。

さあ、ガイドさんと運転手さんだけの船に乗り込んだら自分たちだけのボラボラ島独占ツアーへ出発です!!

 

最初のポイント: サメとエイの餌付け!

最初のポイントはいきなりサメとエイの餌付けです(天候やホテルの場所によってポイントの順は前後するかもしれません)。

サメと言ってもボラボラのラグーンにいるサメは怖くないのでご安心ください。

ポイントまでは、ボラボラ島の美しいラグーンを見ながらゆっくりとクルージングします。ホテルの場所にもよりますが、ポイントまでは10~20分もあれば着いたと思います。

サメの餌付けポイントに着いたらシュノーケル器材を装備していざ海にドボン!!!

ガイドさんが餌を撒くと、すぐさま大量のエイが寄って来ます…。

大量にヒラヒラ舞っていますね。近すぎて普通に触ることができますが、刺されないので大丈夫です。

 

これはエイの裏側のドアップ↓裏から見ると口が笑っているみたいでとってもかわいいんですが、残念ながら口元の写真は撮れませんでした。是非ご自分の目で見てみてください。

 

そして、ついにサメが…!!!!!

これはブラックチップシャークです。背ビレが黒いのが特徴ですね。

このツアーでは主にブラックチップシャークとレモンシャークを見ることができますが、ブラックチップは人を襲った例はほとんど確認されていないので安心です(エサと間違ってちょっとかじっちゃった例しかないそうです)。本当に大人しくてかわいいサメですよ。

ブラックチップより一回り多くて黄色っぽい色のレモンシャークも大人しいサメですが、刺激するのはやめましょう。

上の写真は人生で初めてサメに遭遇した時に何も知らずに撮ったものなので、怖くてこれ以上近寄れませんでした(笑)今なら目の前まで行くんですが…。

サメの餌付けポイントの滞在時間は20~30分でしょうか。

サメに満足したら次は珊瑚の庭、その名もコーラルガーデンです。

 

コーラルガーデンでシュノーケリング

コーラルガーデンという名前のシュノーケルポイントは何カ所かありますが、この時はボラボラ島の東の方にあるモツの間にある水路でシュノーケリングしました。

水路なので流れはやや早かったですが、その分そこに流れてくるエサを狙ってたくさん魚が集まってくるので、シュノーケリングには最適な場所です。また、水が流れていて滞らないので透明度も抜群。ボラボラはどこも透明ですが、ここはその中でも特にきれいです。

そして浅瀬なのにこの魚の量。

 

タヒチはプランクトンが少ないのですが、そういう場所は通常透明度が高い代わりに魚も少ないという特徴があります。でも、ボラボラは透明度が高いのに魚も多いといういいとこ取りで観光客には最高の場所なんです。しかもラグーンの中で波も穏やかなので是非透明な海で魚と戯れてくださいね。

ここの魚は人馴れしているので、エサを持っていなくてもこんな近くまで寄ってきます。

 

また、ここは水深も2〜3メートル程度なので、息を止めて水中に潜る素潜りができない人でも十分楽しむことができます。水面を漂うだけでもたくさんの魚がすぐ近くまで来てくれますよ。

ここでの滞在時間は1時間弱でしょうか。プライベートツアーなので、ある程度希望も聞いてくれるはずです。私たちはシュノーケリングが大好きなのでけっこう長居させてくれたんだと思います。

 

お昼はお待ちかね、無人島でBBQランチ!!!

シュノーケリングを堪能したらいよいよ待ちに待ったお昼ご飯!誰もいない小さな島で、二人だけでロマンチックな無人島ランチを楽しみます。

お昼ご飯は、上の写真のような感じで浜辺のカップル専用テーブルでおいしい肉や魚料理、ワインやビールをいただきます。

静かな波の音を聴きながら、どこまでも続く青い海を2人だけで独占・・・。夢のような時間です。

更に、食事中はガイドさんが自分たちの邪魔にならないように後ろでさりげなくウクレレを弾いてくれたりして気分は最高・・・。とても現実とは思えないほど美しくロマンチックなひと時を過ごすことができます。

お昼ご飯を食べ終わったら、もうひと泳ぎするもよし、ビーチを散策するもよし。今日はあなたたちカップルが好きなだけ贅沢をできる日です。好きなように過ごしましょう。

 

午後3:00、ゆっくりクルージングしながらホテルへ

誰もいないゆったりとした小島で2人だけのランチを堪能したら、またボラボラの美しい海と聖地オテマヌ山を眺めながらホテルへ向かいます。

上の写真で右の端に見えているのがオテマヌ山。

ボラボラ島の景色はこの世のものとは思えないほど美しいので、船での移動中も是非景色を楽しんでくださいね。タヒチにいる間は一時一時が最高の思い出になります。

予約サイトには書いてありませんが、普通は途中でもう1箇所くらいシュノーケリングポイントに連れていってくれます。私たちの時はマンタポイントでした。ボラボラはラグーンの中にマンタが住んでいるので出会える確率はかなり高いと思いますよ。

 

おまけの1箇所は、ホテルの場所や残りの時間によっても変わると思います。残り時間によってはどこにも行けないかもしれませんが、もしリクエストがあれば聞いてみてもいいと思いますよ。

夢のようなツアーが終わったら、またホテルまで送ってくれます。お疲れ様でした。

 

ツアーは事前予約が断然おすすめ!!

ツアーはホテルに着いてからホテルのコンシェルジュやフロントで予約することもできますが、ベルトラなどのオプショナルツアー予約サイトで事前に予約することを強くおすすめします。

これには2つ理由があります。

  • 事前予約なら料金を誤って計算されることがない
  • 旅行中にお金のことを考えたり請求金額が合っているか計算する必要がない

どちらも大したことないように思えるかもしれませんが、実はこれが結構な負担になるんです。それは何故なのか、それぞれご説明します。

 

理由1:事前予約なら料金を誤って計算されることがない

ボラボラのようなビーチリゾートのホテルでは食事やツアー代金は全て後払いになる場合が多く、そういう場合滞在中に使ったサービスは部屋に付けてもらうことになります。

こうすると発生するのが他の部屋の客が使ったサービスの誤請求。私も一度、たまたま泊まっていた同じ名字の別の部屋の客の食事代を請求されそうになったことがあります。

事前に予約も支払いも済ませておけばそんな心配もありませんよね。

 

理由2:旅行中にお金のことを考えたり請求金額が合っているか計算する必要がない

現地清算の場合更に問題になるのが請求額の確認。

ホテルの部屋に付けておく場合、チェックアウト時に滞在期間中の全ての料金をチェックする必要があります。

先ほど書いたような誤請求もあるのでここでも気を抜けませんが、想像してみてください。

例えば一週間滞在した場合、部屋の代金、観光税、朝食代、ツアー代金、送迎代、そして利用した人数が合っているかどうかを一週間分全て確認しなければならないのです。もし、滞在中に外のレストランではなくホテルの中で何度か昼食や夕食を食べた場合、その料金も入ってきます。一週間前の夕食はホテルだったか外のレストランだったか、何を食べていくら使ったかなんて覚えてますか??

他の部屋の請求がこっそり入っていてもすぐに気付くとは限りませんし、完全にバカンスモードになった頭でそんな確認作業をするのは苦痛以外の何物でもありません。

このため、私は事前に予約できるものは極力事前に予約しておいて、現地では遊ぶことだけに集中することを強くおすすめします。

これは実際経験したから言えることです。タヒチは行くだけで10時間もかかる特別な場所なので、お金のことに煩わされるのは本当にもったいないことです。

 

事前予約のコツ

うまく事前予約を活用するコツは、なるべく旅行の直前まで待ってから予約することです(繁忙期はなるべく早めに)。

というのも、ボラボラのツアーが予約できるベルトラは予約から48時間以内に支払いをし、その後は5%のキャンセル料金がかかるからです。

このため、旅行の直前になって、もうキャンセルしないことが確定してから予約するのが最強なのです。そうすればキャンセル料金がかかる心配もありませんし、先ほど書いたような現地清算の手間やリスクも回避できますね。

もちろん、直前になればなるほど予約が埋まる可能性が上がるので、自分がキャンセルする可能性と予約が埋まる可能性のバランスを見て予約のタイミングを決めていただければと思います。

 

タヒチに行く予定のある人は、是非ボラボラで丸一日誰にも邪魔されず「南太平洋の真珠」と言われる美しいラグーンを独り占めしてみてはいかがでしょうか?

新婚でなくてももちろんOKですし、カップルでなくても大人二人なら誰でも参加できますよ。

ボラボラに行くなら、一度もプライベートツアーに参加せずして帰ることはできないというくらいにおすすめのツアーです。

 

>>ベルトラでボラボラプライベートBBQ&シュノーケリングツアーを見てみる

 

 

-タヒチ

関連記事

タヒチ土産の「モノイオイル」とは?日本で買うことも可能

タヒチで買ったいろいろなお土産 ©サラリーマンの旅スタイル 南国タヒチは世界中の人の憧れの島ですが、お土産も素敵なものがたくさんあります。中でも、「モノイオイル」と呼ばれるティアレの花やバニラを漬け込 …

タヒチ土産のモノイオイルが固まっちゃった?!そんな時は湯煎で解決!

最近、タヒチのお土産にはモノイオイルというスキンケアオイルがあるという記事を書きました。 でも、このオイルは気温が25度以下くらいになると固まってしまうんです。↓こんなふうに真っ白にカチカチに。最初か …

タヒチに行く前にすべき6つのこと

常夏の国タヒチ。一度は行ってみたいですよね。日本が寒い冬の時期には特におすすめです。ですが、タヒチには他の国と違った注意点がいくつかありますので、行ってから困らないようにするための旅ワザをご紹介します …

2015年12月タヒチ滞在日記:シュノーケル編

今年の年末年始は タヒチのボラボラ島に行っていましたが、まだあまり滞在中のことを話していなかったことに気付きました。ということで、今回は前半のシュノーケル三昧の日々を写真付きでちょっとだけ。 ・・・と …

タヒチ写真日記:インターコンチネンタルタラソ

前回タヒチのボラボラ島にあるインターコンチネンタルモアナのことを書いたので、今回は引き続きモアナの姉妹ホテル「インターコンチネンタルボラボラ タラソスパ」のことも書いちゃいます。 ハネムーナーの憧れ、 …